老後の楽しみは旅行

私が夫との結婚を決めた大きなきっかけと言えば「旅行」です。ですからこそ、声のボリュームをあげて言いたいのです。「結婚を考える相手とはまず旅行へ行け!」と。

ずばり言いまして、「旅行」は金銭的価値観も時間の使い方も、疲れた時の本性も、その他の意識や価値観もすべてさらけ出される可能性が高いからです。

そして、できれば、ラグジュアリーなセレブ旅行ではなくて、できればバックパックを背負っていく、発展途上国への旅行をお勧めします。

たとえば、カンボジア、ベトナム、ラオス、タイ、中近東でもいいでしょう。

これらの国をすすめる理由としては、景色自体の素晴らしさ、料理のおいしさもあるのですが、やはり「暑さ」もあって、適度に疲れる土地だからです。

そして移動の手段も常時タクシーなんて旅行はせずに、危険な範囲ではなく、極力安く抑えられる方法で移動しましょう。たとえば、タイでは「トゥクトゥク」に乗りましょう。

ホテルも欧米資本のホテルなどではなく、現地の人により経営されているホテルに泊まりましょう。冷房のある部屋か、扇風機のある部屋かどちらかで悩みましょう。

差額50円なのに、現地の金銭感覚に慣れてしまい、大きな差額だと一瞬思い込み、扇風機の部屋を撰択してしまいましょう。

以上、自分たちで行った旅行の思い出も交えつつ、結婚相手の選び方についても考察をおこなってみました。

もし合わない人だったら、この旅行中は全く面白くない旅になります。そんな人とは結婚なんて絶対できないですよね。私は夫と一緒に旅行に行った事で結婚を決めましたよ。

夫とは凄く気が合って、これなら結婚しても大丈夫だと思えましたね(*^▽^*)

なので結婚前には旅行に行くのがいいですよ。

現在は世界中のエンターテインメントショーを見るために夫婦で世界中を旅行しています。老後の唯一の楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です